●キットハウスビレッジ 二丈彩ヶ丘に待望のモデルハウスができるまでを紹介していきます。


4月8日(日)

この日、建築中のモデルハウスで初めての体験イベント。青空の下、爽やかな春風を感じながら、みんなで外壁塗装です。「上手に塗れるかな~?」「まかせといてよ」なんて会話が聞こえてきそうです。


お母さんと一緒にペンキ塗り。はにかみ屋の子供たちも、実に楽しそうに塗っていました。親子の絆も深まりますよね。


作業の合間に虫を見つけて、子供たちはおおはしゃぎ。「お父さんバッタつかまえて~!!」「よ~し、捕ったぞ~。ほら」この先どんな楽しい出来事が待っているのか楽しみです。


1度塗りした壁板を天日で干して、乾いたところで上塗りします。この日使ったのは油性の塗料。塗る際には意外に弾いて飛沫が飛び散るので、必ず汚れてもいい服装で作業しましょう。



4月10日(火)

1階壁のフレーミング(組み立て)工事がほぼ終了したところです。


玄関アプローチのデッキ部分。上では2階の床下地を組み立てています。


2階のフレーミング工事に取り掛かりました。手前にあるのは工場で部分的に組み立てた壁パネルです。


2階妻の壁パネルを組み立て中。クレーンで吊り上げているのはもう片側の壁パネルです。

※「妻」とは「端」のこと。日本建築では、建物の長手方向を建物の正面とする場合が多く、建物の短手方向が妻と呼ばれます。


取り付けが終わった2階妻側の壁パネルと中仕切りのフレームとの間に棟木を渡しています。これが尾根部分として屋根を支えてくれます。


吹き抜けと階段となる部分を1階内部から望んだところ。すでに2階床下地も敷き終わっていました。



4月11日(水)

この日は上天気。上棟工事に取り掛かってから、あっという間に「家」になりました。写真は2階の垂木取付と野地板貼りをしているところです。


2階ドーマ部分の屋根垂木を取り付けています。2階に広い空間を作り出す、このドーマがなければ一見平屋建てのように見えますよね。


野地板張りの真っ最中です。「そこよりも2寸ほど斜め下!」と威勢よいの声が飛び、打ちつける箇所を指示していました。



4月13日(金)

屋根下地の上に防水シートを貼ったところです。この上から外屋根材を重ねていきます。


ダイニング側から見たスケルトン状の内部リビング。床は敷炭のための下地、この時点でペアガラスサッシもはめ込んでいます。



4月14日(土)

今日は第2回目、2日間にわたって開催する体験会の初日です。みなさまのご支援のおかげで、晴天に恵まれて迎えることができました。幟も立ってようやくモデルハウスらしくなりました。


モデルハウスの説明を受けながら、自分たちだったら…と間取りについて想いを巡らせるお客様も。


本日、最初にご体験いただいたのはボード貼り。家の内壁を取り付ける作業で、この上にクロスを貼ったりしていきます。初めはおずおずと手にした工具ですが、「意外に簡単で面白い」と女性の方も楽しんでいただけました。


ボード貼りの後は、珪藻土塗り。今回はボードとほぼ同じ色の着色がされた珪藻土を使ったので、写真ではちょっと分かりにくいでが、白い部分が乾燥し始めた部分です。小さいお子さんでもほら、この通り。お母さんが手を添えてしっかり塗ってくれました。


幾つかの作業を体験した後は、腹ごしらえ。この日は豚汁をご用意いたしました。気になるお味の方はというと「なかなか美味しいよね」とのこと。ありがとうございます。初対面のご家族同士でしたが、話も弾んでおられて本当によかったです。


先週に引き続き、今回も外壁塗装の体験をご用意いたしました。「ここにペンキが垂れてきてるぞ。ムラなく塗らなくちゃ」とお父さんがきれいに塗り直ししています。



4月15日(土)

天候が危ぶまれた2日目でしたが、からりと晴れて一安心。元気いっぱいに泳ぐ鯉のぼりの下には、分譲地とモデルハウスも色鮮やかにはためいています。


この日最初にお見えになったお客様。「このモデルハウスいいですね~」「外観もかわいいし、中に入ると意外に広いのね」と、気に入っていただき本当に嬉しいです。


「ちょっと通りがかりに気になったので」と立ち寄られたお客様。聞けば、モデルハウスの前の道を抜け道に使っておられるのだとか。折角ですので、珪藻土塗りもご体験いただきました。


キットハウスでご提供する家のリビングに標準装備となる当社独自の健康によい「高波動炭」による敷炭を、スタッフが実演しているところです。敷き詰めた炭の厚みが均一になるように、コテでならしていきます。


リビングの床下一面に敷き詰められた「高波動炭」です。円状に並んでいる小さな丸い筒は、中にセラミックボールが入ったストーンサークル。炭の下にはアース線が張られ、電気を地中に逃がします。これだけ敷き詰められた炭が、あなたとご家族を健康にします。


▲このページの先頭